禁煙外来

禁煙外来とは

タバコの煙には4,000種類以上の化学物質と250種類以上の有害物質もしくは発がん性物質が含まれています。 タバコはガン、心筋梗塞、脳卒中、慢性閉塞性肺疾患をはじめ、胃潰瘍、骨粗鬆症、白内障など様々な病気のリスクを高める事が知られています。さらに受動喫煙が健康にさまざまな影響を及ぼすことも知られています。

タバコに含まれるニコチンは脳に直接作用して、脳内の快楽ホルモンであるドパミンの放出を促します。これがタバコをなかなか止められない原因です。一方で禁煙に成功する事で、精神的な安定を確保する事ができることもわかってきています。
当クリニックではニコチン切れ症状(イライラなど)を軽減し、タバコをおいしいと感じにくくする治療薬(チャンピックス)を用いて禁煙治療を実施しています。この治療により脳がタバコを必要としない状態に次第に変えていくことができます。

禁煙治療は保険適用で、医師の指導の下、計画的に行われます。治療期間には12週間必要です(保険適用には各種条件があります)。
さらに、禁煙外来では、呼吸器の一酸化炭素濃度の測定、呼吸機能検査を実施して、たばこ肺の状態(慢性閉塞性肺疾患)を確認します。必要に応じて治療を行い、生活の質を高めるよう指導します。

禁煙は、気合いだけでなんとかなるものではありません。しかし、それは身体が中毒状態にあるからで、あなたの心が弱いからではありません。

現在は医療機関で医師の診断と指示のもと、お薬を使った禁煙治療をすることができますので、少しでもタバコをやめたいなと思っている方はお気軽にご相談ください。

禁煙治療の特徴

お薬を使って禁煙できます

チャンピックスと呼ばれる飲み薬を使用することで、禁煙に成功できる可能性がかなり高まります。

保険が適用されます

禁煙治療には健康保険が適用されます(保険の種類により適用には各種条件があります)。詳しくはクリニックにお尋ね下さい。
自己負担総額(3割負担の場合)19,050円

医師の指導のもと、計画的に禁煙できます

自分一人でただ吸うことを我慢しても、いずれまた喫煙してしまうことになります。医師が適切なアドバイスをし、時には励ましながら禁煙成功へ導いていきます。

禁煙外来の進め方

初診時にはチェックシートに記入し、喫煙や健康状態を確認します。吐息に含まれている一酸化炭素濃度を測定し、ヘビースモーカーの状態かを判断します。

禁煙治療薬(チャンピックス)を三か月間服用していただきながら、初診を含め合計5回通院いただきます。その間、禁煙の状況、健康の状態、吐息に含まれている一酸化炭素濃度を定期的に確認致します。状況に応じて、禁煙をサポートできるようカウンセリングを実施致します。

伊佐内科クリニック TEL:098-851-8828 伊佐内科クリニック TEL:098-851-8828
伊佐内科クリニックの紹介 認知症 片頭痛 その他の神経内科 生活習慣病・循環器疾患 禁煙外来 各種検査 伊佐内科からの医療情報