認知症

認知症とは

認知症とは、何らかの原因で記憶、学習、判断する能力(認知機能)が次第に低下して、日常生活に支障をきたす状態のことです。
高齢化社会に伴い、認知症患者数は急増しています。65歳以上の10人に1人、85歳以上の3~4人に1人が認知症だといわれています。

認知症患者さんとご家族ができるだけ元気に平穏に生活できるよう、早期発見し、対処することが大切です。

認知症の原因

認知症のほとんどは加齢による脳の病的な老化現象、その次に脳の血管異常、これらの合併が原因で発症します。
認知症の原因はこの他にも複数あり、それらの診断には専門的な判断が必要です。

代表的な認知症:アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症、慢性硬膜下血腫、正常圧認知症、甲状腺機能低下症など

認知症の症状

認知症の症状は中核症状と行動心理症状(BPSD)の二つに分かれます。

中核症状-記憶障害(新しいことが覚えられない)、見当識障害(時間、場所、人の名前がわからない)、遂行機能障害(段取りが悪くなる、今までできた家事ができない)、失語(言葉が出ない、間違える)などがあります。

行動心理症状(BPSD)-不眠、不安焦燥(小さいことを気にしすぎる)、うつ状態(元気がない、好きなことに興味がなくなった)、興奮・暴力(急に怒りっぽくなった)、幻覚(人が見える)、妄想(誰かに財布や通帳を盗られたと訴えるが、実際はちゃんとある)などがあります。

こんな症状ありませんか?

ご自身やご家族に以下の症状がいくつか当てはまる場合、認知症の疑いがあります。「年齢だから仕方がない」と放置せずに、必ず早めに検査を受けるようにしましょう。

  • 電気の消し忘れが多い。
  • 財布をどこかに置いてきてしまう。
  • テレビに出てくる有名人の名前を思い出せない。
  • 人との約束をよく忘れる。
  • 気持ちが沈む、周囲に関心を示さない。
  • 大好きな趣味があったのにやらなくなった。
  • ささいなことを心配したり恐れたりする。
  • ささいなことで怒りだす。
  • 道に迷うことがある。
  • 会話がうまくできなくなった。
  • 着替えがスムーズにできない。
  • 「誰かに物を盗まれた」など、妄想がある。
  • 徘徊や目的のわからない行動が目立つ。
  • 夜に眠らず、家の中を動きまわる。

認知症の診断

症状を確認した後、認知機能検査と神経学的合併症を診察で確認します。必要に応じて血液検査、頭部CTあるいはMRIを確認致します。
(頭部CTあるいはMRIは近くの医療機関で実施します。他院で実施した頭部CTあるいはMRI画像CDをお持ちの方は診断の参考となりますので、ぜひご持参下さい

APOE遺伝子検査(自費診療)

アルツハイマー型認知症は、蛋白の老廃物アミロイドベータが脳の神経細胞に蓄積して、神経細胞に障害を与える事で発症します。アミロイドベータの蓄積に関わる物質のひとつにアポリポ蛋白Eがあります。それを司るAPOE遺伝子があり、APOE遺伝子の型によりアルツハイマー病発症のリスクを知ることができます。

ご注意:遺伝子型はあくまでも参考であり、将来のアルツハイマー病発症の有無を決定付けるものではありません。認知症の発症には加齢に加え、高血圧や糖尿病などの生活習慣病がリスク因子と言われています。生活習慣の改善がアルツハイマー型認知症の発症を防ぐことが、最近の研究でわかっています。APOE遺伝子検査を受け、リスクを知り、予防に繋げましょう。

費用:15,000円(税込)
検査は採血(5mL)で月曜から金曜日に実施されます。土曜日はできません。
検査には事前の予約が必要です。検査結果の報告までには3週間程要します。

認知症の治療

認知症の症状を一時的に緩和し、進行を遅らせるお薬による治療があります。認知症の症状に合わせてお薬を調整します。認知症を発症した高齢者の方の多くは、既に複数のお薬を服用され、その整理に悩まれていらっしゃいます。

当クリニックでは多くなったお薬を整理しています。さらに、介護保険サービスの受給を後押しします。認知症のことでお困りでしたら、お気軽にご相談下さい。

グルタチオン療法について

当院では、認知症やパーキンソン病の患者様向けにグルタチオン療法を実施しております。この治療により認知症に伴う意欲低下などの行動心理症状の緩和に効果があります。
グルタチオン療法は予約制で、事前の診察が必要です。

グルタチオン療法について

伊佐内科クリニック TEL:098-851-8828 伊佐内科クリニック TEL:098-851-8828
伊佐内科クリニックの紹介 認知症 片頭痛 その他の神経内科 生活習慣病・循環器疾患 禁煙外来 各種検査 伊佐内科からの医療情報