伊佐内科からの医療情報

2017.03.01更新

グルタチオン療法とは?
グルタチオンは人間の体内に広く分布するアミノ酸化合物です。グルタチオンには強力な抗酸化作用(細胞の錆びつきを防止する作用)があり、全身の細胞の働きを助けます。グルタチオン療法は古くから解毒や肝臓の保護に用いられていました。グルタチオン療法はパーキンソン病などの神経疾患に欧米で広く応用され、効果を上げています。近年では認知症の治療法の一つとしても応用され始めています。

期待される効果
認知症、バーキンソン病などの神経疾患の症状の緩和。健常者の倦怠感、背部筋痛、線維筋痛症、手足のシビレなどの緩和など。
有効期間:治療効果が発揮される期間は数日から一か月程度と個人差があります。初回から効果が発揮されず、継続的に投与することで効果が発揮されることが多いようです。

投与量
治療効果が発揮される投与量にも個人差があります。

投与方
治療は注射または点滴で行います。投与時間は20分程度です。経口投与はできません。

副作用
グルタチオン療法は安全性の高い治療法ですが、リウマチなどの自己免疫疾患を有している方に持続的低血糖が出る可能性が報告されています。低血糖時には動悸、冷や汗、空腹などの症状があります。

費 用
投与量により費用は異なります。一回投与、三千円から六千円程度です。グルタチオン療法は健康保険が適応されない自費診療です。

投稿者: 伊佐内科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

伊佐内科クリニック TEL:098-851-8828 伊佐内科クリニック TEL:098-851-8828
伊佐内科クリニックの紹介 認知症 片頭痛 その他の神経内科 生活習慣病・循環器疾患 禁煙外来 各種検査 伊佐内科からの医療情報